フリースクールと通信制高校の違い

何らかの理由で不登校になってしまった高校生や中学生は進路について大きく迷うと思います。

外部の支援機関の中にフリースクールというものがあります。また、通信制高校という選択肢もあります。

この2つはその特性を理解していない人にとっては違いがよくわからないかもしれませんが、中身も制度上の位置づけも全く違います。

その最も大きな違いは公的な学校かどうか、という点です。

フリースクールと通信制高校(日本航空高校)の大きな違いは高校卒業資格の有無

さきほど、フリースクールと通信制高校の大きな違いは公的な学校かどうかと述べました。

通信制高校は文字通り、高校の一種で公的な学校(日本航空高校・高岡学習支援センター)として扱われます。

当然、色々な要件(3年間の在籍&74単位)を満たさなければ卒業はできませんし、卒業をすれば高校卒業資格を得ることができ、そして履歴書にも書くことが出来ます。

一方、フリースクールは公的な学校として扱われていません。つまり、卒業しても高校卒業資格は得られませんし、そもそも卒業するための要件もありません。

高校卒業資格がなければ、当然履歴書に書くことも出来ないというわけです。→ フリースクール卒業でも学歴にならず履歴書にも書けない

フリースクールは不登校の支援機関の一つに過ぎない

フリースクールは文字通り、自由な学校です。日本の法律ではフリースクールは学校という扱われ方をしていませんので、入学基準も運営方式も特別な決まりはありません。
フリースクールに通えば出席扱いとなるかどうかは施設面の充実など色々な要件は確かにあるものの、その要件を満たしたからといって学校卒業の資格を与えるというわけでもありません。

もう一つの選択:

高卒認定試験を受験する方法が残っています。詳しくは以下をクリックして参照してください。
高校卒業程度認定&大学受験講座